披露宴で撮影されたムービー映像のダビング

披露宴で撮影されたムービー映像のダビング

結婚は、一生に1度しかない大切なイベントです。そのため、その日を一生の思い出として残そうと、披露宴のムービー映像を撮影しようと考える方は多くいます。これは昔も今も変わりませんが、映像を記録する媒体は時代と共に変化してきました。同時に再生機器も変化してきたため、この変化によりビデオテープで撮った映像が見られなくなったという方もいるのではないでしょうか。
もし披露宴の映像を収めたビデオテープをお持ちなら、DVDへのダビングを検討してみましょう。

■あの日を思い出が鮮明に……いつでも鑑賞できる

あの日を思い出が鮮明に……いつでも鑑賞できる

利便性を求め、あらゆる分野でデジタル化が進んでいる現代。DVDやビデオテープといった記録媒体もその一つです。こういったデジタル化は目に見えて加速しています。たとえば家電量販店でビデオデッキの姿を見かける機会はほぼなくなりました。

しかし上記のとおり、昔は披露宴の映像を撮るためにビデオテープを利用していました。そのため、映像を記録したビデオテープが手元に残っているという方もいるのではないでしょうか。にもかかわらず再生するための機器がないとなれば、せっかくのビデオテープが無駄になってしまいます。

この悩みを解決するには、ビデオテープのデジタル化を行う必要があります。そこでおすすめするのが、DVDへのダビングで映像をデジタル化する方法です。これにより、いつでも好きなときに、夫婦2人の幸せな記憶を甦らせることができます。またDVDならトラック機能の追加により、シーンをトラック単位で早送り・巻き戻しできるので、自身の好きなシーンを繰り返し鑑賞するのにも便利です。

■大切な家族や友人、親戚に幸せのおすそ分け

大切な家族や友人、親戚に幸せのおすそ分け

家族や親戚、友人、会社の同僚・上司など多くの方が参加する披露宴。会場のスタッフに撮影を依頼することもできますが、参加者たちがカメラを回してプログラムの様子を撮影することも少なくありません。
披露宴には、花嫁のお色直しやケーキ入刀、両親への手紙の朗読など外せないシーンが満載です。これから披露宴が控えているという方も、ぜひDVDへのダビングをご検討ください。DVDにダビングすれば、会場のスタッフや参加者たちが撮影した複数の映像を編集し、一つのムービーにすることもできます。これにより、一つのシーンを複数のアングルから見られる、また「大切なシーンなのにぼやけている」、「自身の写りが悪い」といった問題を解決できるといったメリットが得られます。

このほか、ダビングしたDVDを複数にコピーできるというメリットもあります。大切な家族や友人の分をコピーして幸せのおすそ分けをして、みんなで結婚話に花を咲かせるのも良いでしょう。

■幸せなイベントの記憶をデジタル化で一生ものに

披露宴で撮影した映像をDVDにダビングすることで、いつでも好きなタイミングで鑑賞できるようになります。パレットプラザ・55ステーション「なんでもダビング」なら、ダビングのほか、つなぎ処理や不要部分カット、コピーなどさまざまなオプションに対応可能です。また、ジャケットとDVD盤面に名前と記念日を記した特別仕様の“ウェディング専用パッケージ”もご用意しています。ビデオテープのデジタル化をお考えなら、ぜひ弊社にご相談ください。