PAL?SECAM?海外方式のビデオ規格って?

■PALとSECAMって?

PALとSECAMって?

PA(パル)LとSECAM(セカム)は、どちらも海外で採用されている映像規格です。テレビ放送だけでなく、ビデオテープやDVDといった映像媒体の再生、編集においても大きな影響を及ぼします。 PALはドイツを中心に西ヨーロッパやアジア、ブラジルやオーストラリアなどで使われています。SECAMはフランスを中心にロシアや東ヨーロッパ、アフリカ諸国などで使われている規格です。この他にも日本やアメリカ、台湾などで使われているNTSCという規格があり、世界中の映像規格はおおよそこの3つに分かれています。
日本がNTSCを映像規格に選んだのは、1960年の行われた東京オリンピックがきっかけです。そのころの日本では白黒テレビが主流でしたが、東京オリンピックは世界各国に放送するためにカラー放送となりました。そのため、白黒テレビと互換性が高く、きれいな映像を見ることができるNTSCが広まったのです。それとほぼ同時期にドイツではPALが、フランスではSECAMが開発され、近隣諸国や文化的な影響の大きい国へと伝わりました。映像を再生するには、ビデオテープやDVDといった映像媒体と再生機器、そして映像を映すモニターの規格が一致していることが必要になります。

■日本で使われている映像規格「NTSC」とPAL、SECAMの違い

PALとSECAMの違い

3つの規格の違いは、色を送る信号の伝達方法です。
映像は画素と呼ばれるごく小さな色の点が集まることで構成され、画素を順番に光らせて映像を展開することを走査といいます。走査によって描かれた水平方向の線を走査線といい、この走査線の数が多いほど、高画質で精細な映像になるのです。近年発展したハイビジョンテレビは1125本もの走査線を表示させることができるため、高画質の映像を映すことができます。
また、走査線は1列目、3列目、5列目……と続く奇数フィールドと、2列目、4列目、6列目……と続く偶数フィールドに分割されています。奇数フィールドと偶数フィールドを分けて表示させることで映像を作る出力方法をインターレース方式と呼び、NTSCとPAL、SECAMはいずれもこのインターレース方式によって成り立っているのです。では、それぞれの規格についてご紹介します。

・NTSC
525本の走査線上で、1秒ごとに60枚の静止画で構成された映像をインターレース方式を用いて放送します。アメリカで開発され、1960年代に日本で採用されました。

・PAL
625本の走査線上で、1秒ごとに50枚の静止画で構成された映像をインターレース方式を用いて放送します。フレーム数(1秒あたりに表示する静止画の数)が少ないため、NTSCと比べてフリッカーと呼ばれる映像のちらつきが発生しやすいとされています。

・SECAM
PALと同様、625本の走査線上で、1秒ごとに50枚の静止画で構成された映像をインターレース方式を用いて放送します。このためPALとSECAMは互換性が高く、海外ではPAL/SECAM両対応になっているテレビも多く普及しているようです。

フレーム数や走査線の数といった違いがあり、NTSCを採用している日本の映像機器では、PALやSECAM規格のビデオテープは再生できません。

■PALやSECAMなど海外規格のビデオテープを、日本でも楽しむために

海外規格のビデオテープ

家族や友達との海外旅行の記念に撮影したビデオテープ、もう見られないと諦めていませんか?そんなときは、パレットプラザ・55ステーションの「なんでもダビング」サービスをご利用ください。なんでもダビングでは、こだわりプランとしてPALやSECAM規格のビデオテープをDVDにダビングすることができます。旅行の思い出が詰まったビデオテープをもう一度見たい!結婚式やイベントで、海外旅行の映像を流したい!というときは、なんでもダビングにお任せください。日付やタイトルの挿入はもちろん、映像をつないでダビングしたり、不要部分をカットしたりなどの編集も自由自在です。
なんでもダビングでは、ビデオテープ1本からダビングを承っております。お気軽にご相談くださいませ。