もしものためにやっておきたい!思い出の写真アルバムをキレイに賢く保存する方法

■アルバムに収まりきれない大量の写真、眠っていませんか?

画像例1

どこのご家庭でも、思い出の写真を貼り付けたアルバムが、1冊や2冊では収まりきらないほどあるのではないでしょうか。以前、カメラは高級品でしたが、レンズ付きフィルムやポラロイドカメラの流行によって、写真はグッと身近なものとなりました。安価で手軽なカメラにより、誰でも気軽に、子どもの成長や家族のだんらん、友人との旅行にいった思い出を残せるようになったのです。 一般的な家庭用カメラの多くはフィルムカメラで、撮影後のフィルムを写真に現像するものがほとんどでした。現像された大量の写真は、いつでも見返せるようにアルバムに収納されました。しかし、家族の数が多ければ多いほど、また写真を撮る機会が多ければ多いほど写真の枚数は増えていきます。重くて大きな何冊ものアルバムを、最後に見返したのはいつでしょうか?また、すべての写真をアルバムに整理しきれず、保存方法が雑なものになっていませんか?それらをまとめて押入れや屋根裏部屋に保管して、何年も放置している人もいるのではないでしょうか?

■変色、カビ、損傷……写真はどんどん劣化する!

画像例1

久々にアルバムを開いたら、何だか写真が色あせている……。そんな経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。写真は空気中に含まれた湿気や、テレビや蛍光灯からの紫外線、写真に含まれた酸、カビや虫、そのほか化学物質などさまざまな要因によって劣化します。湿気や紫外線によって写真が色あせたり、写真に含まれている酸によって写真同士がくっついてしまったり、写真は意外とデリケートなもの。保存状態が少しでも良くなければ、すぐに色あせてしまいます。 長期間の保存ができるアルバムを使えば写真の劣化を遅らせることもできますが、それでもやはり少しずつ劣化は進んでいってしまいます。劣化を防ぎ、保管の手間を省くために、アルバムスキャンサービスを利用する人も増えています。

■アルバムスキャンサービスで、写真をデジタル化して保存!

画像例1

パレットプラザ・55ステーション「なんでもダビング」のアルバムスキャンサービスでは、アルバムをスキャンして、テレビで見られるDVDへデジタル化しています。大量のアルバムも、DVDにデジタル化することでそれ以上の劣化を防ぎ、すっきりとコンパクトに。テレビでスライドショー上映すれば、家族みんなで思い出のアルバム写真を楽しむことができます。もちろん、パソコンで見られる画像形式への変換も可能です。 また、「なんでもダビング」ではご供養サービスも行っています。亡くなった方のアルバムは処分しにくいものですが、アルバムスキャンでデータ化すれば思い出はそのまま残すことができますし、きちんとご供養した上で処分いたしますので安心です。 手間がかかって、つい放置してしまう写真整理。そのまま放っておくと写真はどんどん劣化して、せっかくの思い出も色あせてボロボロになってしまいます。劣化を防止してすっきりと保存するために、パレットプラザ・55ステーション「なんでもダビング」のアルバムスキャンサービスをぜひご利用ください。